MENU

地方の賃貸物件

モダンなデザインの一軒家

意外と空室がある賃貸物件

現在、アベノミクスの影響で徐々にではありますが、景気が良くなってきています。2015年4月の賃上げの話も実に久しぶりに明るい話題と言えます。そんな中、賃貸住宅はどのように変化をしていくでしょうか。 賃貸住宅の歴史の中で現在ほど空室が増えた歴史はありません。過去に前例を見ないことで、戸惑いを見せるオーナーが多いとともに賃貸業界は新たな局面に差し掛かっていると言えます。 賃貸住宅の空室の割合は東京23区と地方都市では全く違いますが、地方都市ほどその空室率が多いことで有名です。地域によっては20パーセントを超えているところもあり、その空室を埋めるのが非常に困難です。 何故なら空室があるにも関わらず新しい賃貸物件が増え続けているからでに他なりません。

新たにリノベーションをすることで価値を上げる

賃貸住宅の空室を減らす方法は、魅力的な物件にする意外に思いつきません。現実に、賃貸物件でも空室街の物件もたくさんあるのです。つまり、賃貸物件にも格差社会が生まれているのです。 では、空室をなくすための魅力的な方法はどのような方法があるでしょうか。そもそもなぜ古い物件は空室が出るのでしょうか。それは、立地にもよりますが、新しい物件に比べると設備が劣ることが大きな理由です。 ある調査によれば、賃貸物件を借りている人の中で、新たに欲しい設備は何かと聞いたところ、追い炊き機能やオートロック、収納が多かったのです。いずれも築20年以上前の賃貸住宅にはあまりない機能です。そこで、これらの機能を備えたリフォームを行い、新築と設備を同様にすることで空室を生まない住宅が出来上がるのです。